活躍できる場所は一つじゃない

一昔前まで、「男は稼ぎにでて女は家で育児や家事に勤しむ」というスタイルが主であった。しかし、今やキャリアウーマンといわれる女性が増え、男性と肩を並べて仕事に励んでいる。女社長となって一つの会社を束ねたり、政治でも積極的に女性議員が採用されるようになってきているのだ。
社会的に女性が必要とされている訳だが、女性は男性と違い途中で働き方を変えなければならない状況になってしまう。その状況とは、結婚や出産といえる。結婚をして家庭を持てば、少なからず家事をこなさなければならない。そのため、結婚を機に退職してしまうケースも多いのだ。出産ともなれば、しばらく休みをとる必要があるだろう。このような事がきっかけで、これまで続けてきた仕事を辞めざるを得なくなってしまうケースもある。そうなれば自ずとブランクが出来てしまうため、仕事復帰が難しくなるのだ。しかし、そんな状況になっても収入を得たいという人もいる。
そのような時は、在宅ワークという働き方があるのだ。ネット環境があればさまざまな在宅ワークができるため、外へ稼ぎに出かけなくても、収入を得られる。手先が器用な人であれば、ハンドメイド雑貨を作ってオークションで稼ぐことができるだろう。タイピングが得意であれば、データ入力やライティングの仕事もある。
このように、世の中にはさまざまな働き方が存在しているのだ。一つの仕事に執着したり雇用形態にこだわり過ぎるのではなく、その時の状況でできる仕事をこなしていくのが、女性としての賢い働き方だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP