女性の人生と働き方は繋がっている

女性が働き方を考えるということは、自分の人生について考えるということとつながる。仕事のことだけを考えていては、当然先が見えてこない。自分がどのように生きていきたいのかを、しっかり考えていく必要があるのだ。
まずは、結婚や出産をどうするかと考えてみるべきである。結婚して子供を持つことを希望するのであれば、ライフスタイルが大きく変化することを考慮して働き方を決めていかなくてはならない。女性の社会進出が進んだとはいえ、まだまだ子育てや家事といった部分では、女性の力が求められるシーンが多くあるのだ。仕事と家のことを両立していくのであれば、時間的に調整が効く仕事がいいだろう。どのような状況であっても、ニーズがある技能を身に付けたりといったことが必要になる。そのための準備は、独身である今のうちからしていきたいものだ。
一方、結婚出産をせずにバリバリ働きたいと考えている女性もいるだろう。その場合は、自分の生活を自分一人で支えていく覚悟が必要となる。自分の老後資金なども準備していかなければならないうえ、親の介護なども考えられるのだ。非正規雇用などでは退職金も期待できないので、できるだけ早い段階で安定した収入の得られる働き方へとシフトしていきたい。
仕事は、人が生きていくうえで欠かせないものである。今後どのように仕事をしていくかというのは、どのように生きていくかということと直接つながってくるものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP